前へ
次へ

結婚式で受付を依頼されたときのポイント

結婚適齢期になると友人が結婚することになり、結婚式に招待される機会も増えます。
ゲストとして招待されることもあれば、特別な友人であれば結婚式でのスピーチや受付を依頼されることもあります。
非常に光栄なことでありながらが緊張することでもあります。
特に受付については親族の代表として仕事を行うわけですから、事前に作法などについて確認しておくことがポイントです。
受付の場合、結婚式当日に集合時刻よりも早めに行き、受付の方法に関する説明が結婚式場のスタッフから行われます。
結婚式場によってその方法は異なるのでしっかりと確認しておくことがポイントです。
また、ゲストからトイレの場所や喫煙できる場所などの問い合わせを受けることもあります。
そのため、結婚式場の設備についても確認しておく必要があります。
ゲストからお祝儀を受け取った際には丁寧に受け取り、責任を持って管理しておきます。
誰に渡すか、その人の特徴をしっかり聞いておくこともポイントです。

Page Top